So-net無料ブログ作成

鍼治療へ。 [私事]

今日は先輩の鍼治療へ行ってきた。[わーい(嬉しい顔)]
体調良くなってきて良かった~。

職業柄、マッサージや鍼灸治療を自分が受ける時は、全くリラックスできません。

(マッサージは修業時代に整形外科に勤務していた時以来やっていないけど。。。)

どんな治療をしているのだろう?
どんな手技や鍼灸をどのように施しているんだろう?

治療されている局所に全神経を集中してしまうので、ふつうリラックスして眠くなるのに、頭が冴えきってきます。

でも、先輩の治療はそれを上回る効き方をするので鍼灸を施した後、先輩の声が遠のき、寝てしまいます。

先輩と臨床のお話や近況を楽しく話してきた。[ぴかぴか(新しい)]

仲間の先生が研修に来て会えて、これまた楽しかった。[るんるん]

帰りにお米屋さんが作った米粉パンを購入して、近くのベンチで一人で食べた。

あ~、幸せ。
泣きそうだ。[わーい(嬉しい顔)]

logo.png

コメント(0) 

体調回復中。 [私事]

先週、子供とママ友達と近所の盆踊りで盛り上がりその後から風邪っぴきになりました。

まだ、くずぐず引いています。
疲れがたまっていたんだなぁ~と
実感。

久しぶりにパソコンも開かず、開業準備も止めて寝ていたよ。

でも、子供保育園入れたけど
これまで1か月に一度は発熱して
3日間病欠。

その後、自分が疲れるの繰り返し。

仕事なんて、その合間しか出来なかった。

やっと4歳になって病気しなくなってきたのは嬉しい。

現在は夫の仕事を手伝って、
家事と育児と開業準備やっているけどそれでも結構大変!

本当に自分は仕事出来るのかなぁ~。
体力的にもめちゃくちゃ不安。

独身の時はがむしゃらに出来たけど、結婚子育てが入ると仕事にかけられる時間に制約がかかる。

こうなるのは解りきっていたけど。[ふらふら]

時短家事術、料理本結構読んだけどなぁ。

生活回すのに日々苦戦中です。

これでも体の楽を優先できるようになった。

休んで分かったけど、私パソコンずっと見続けているの苦手だった…。
すぐ目が疲れる。

映像のお仕事に興味あったけど、
この眼精疲労があるから諦めたんだ。
今更思い出した。

ブログ記事ノートに書いてから打とう。

自分のペースでもうやるぞー。[手(グー)]


1564149134517.jpg




logo.png
コメント(0) 

引き続き開業準備。 [私事]

こどもが元気に保育園に登園。
風邪治って良かったー。

治療院の収納に悩んでいます。[ふらふら]

実家の治療院はもともと住居スペースだった為、収納場所がそこそこあった。
移転先は本当にない!
何処に入れようか、ここが良いか、するとこれは何処にやろうか?

考えるのに時間がかかる。

場所を作り出すしかないから、つっぱり棒でカーテンで隠そうと考え中。

okadayaで布を購入してきて、お裁縫。

何年ぶりにミシン使うかな?できるのか!?

やるしかないな、でも八木さやさんのインスタ聞きながら作業するのが楽しい。[ぴかぴか(新しい)]

だんだん、自分の好きなものが解ってきた。

古臭い模様が好きだ私。

昔実家で見たようなレトロな感じ。

ださいの好きなんだな私。もう、認めよう。

IMG_20190724_113244.jpg


logo.png
コメント(0) 

子供発熱中。 [私事]

日曜日に、鍼灸の勉強会に参加。

子供を託児に預け、勉強会参加。[揺れるハート]

毎回、沢山の学びがあって幸せ。子供が出来てから、日曜日の勉強会に
参加するのが大変になった。 [ふらふら]
夫が仕事の場合は、短時間ならば義理の父母に、1日出席するには託児を利用するしかない。

ハードルが高くなってしまった。「来月は行けるかな~。」と願うのみ。

そして、月曜日から大将発熱中。

鍼治療で奮闘中。

折角良くなったのに、さっきのお昼寝中に窓開けて風どうり良くしていたら

また、ぶり返してしまった。

この季節難しい。。。

また、表証(初期)から治療しないと。。。。

やってもうた。

明日保育園行けるといいな。


logo.png
コメント(0) 

親愛なるママへ。 [私事]

IMG_20190706_151814 (2).jpg


今日、思い切って伝えに行った。

子育て支援園センターにとも花さんの本置いて下さい!って。

イライラが止まらず、どうしたら良いか解らなかった時、

ここの本棚をあさっていた。

IMG_20190706_163126.jpg

育児書の中に明るい未来が書いていないか、必死で探したな。


ここに、とも花さんの本があって欲しかった。

過去の自分にお薦めしたい!

「読みなよ、この本良いよーー!あげるよ。」
「今ならとも花さんのサインと、りんさんのサイン付きだよ。」

IMG_20190713_110400.jpg


センター長さんが快くOKして下さり、今職員の保育士さんが回して読んでくれているよう。

私のお薦めの言葉を付けて置いて下さることに。[ぴかぴか(新しい)]

幼児虐待のニュースを見るたびに、いつか自分がそちら側に行ってしまうのではないか
と不安と恐怖でいっぱいだった。

もしかしたら、もしかしたらこの本にこのママとパパが出会えていたら

最悪の結末を避けられたのではないか?

とも思ってしまう。(私の妄想の範疇でしかないけど。。。)

子育てに悩んだら、とにかくこの本を手に取って欲しい。

「こんなママでごめんね」から卒業する本 福田とも花著

子供は可愛いけど、大変さが可愛さを上回ってしまうときがある。

最悪な自分、居なくなっちゃえばいい自分と思っていたけど、
今は、「そんな時もあるよ~、良く頑張ってるね~。」って
自分に言えるようになった。

自分で自分を癒せるようになった。

結果、子供と笑える時間が増えイライラが少なくなった。


これ、りんさんから貰った宝物。でも、もっと貰っていて実は抱えきれないんだよ~。



また、りんさんのカウンセリング受けたいなぁ~悩み無くても。

IMG_20190718_160536.jpg


IMG_20190718_160612.jpg




logo.png

















コメント(0) 

悩みが一つもない状態。 [私事]

りんさんのカウンセリングも佳境になった。

悩みが全くなーーーーい。

こんな状態に初めてなった、逆に怖かった。

こころのロックを全部外された感じ。

どうなるんだろう、自分。

たぶん、もう世界の見え方が変わっていると思う。

顕著に違うのは罪悪感が全くなくなった事。

反省はするけど、自分を責めることはほぼ無くなった。

罪悪感って何も生まない事も知識として知った。

何より子供にイライラしなくなり、笑っている時間が増えた。

イライラしても対処法があるから安心。

りんさんのお陰で世界が変わったよ。[るんるん]

りんさんはとも花さんのお弟子さん。[ぴかぴか(新しい)]

とも花さんは心屋仁之助さんのお弟子さんだよ。[ぴかぴか(新しい)]

遠い昔にテレビで仁之助さんを拝見したことがあった。
芸能人の悩みを次々解決していくのを見て、
「すごーーーーーーーい!心のさばき方。」
と思っていたけどやっぱり凄かったよ、心屋式は。

logo.png





コメント(0) 

苦手な人は、母の弱さを持っていた。 [私事]

母は体が弱かった。

小学三年生の頃だったと思う、地域のソフトボール大会のグラウンド整備に母は
暑い中手伝いに行った。

その晩、体調を崩し入院した。

病室に行くと、弱弱しい声で「明日の学校の準備はしたの?」と私に行った。

私は「そんなことはどうでもいいよ!自分の体調の事考えてー。」と思った。

弱々しい母、か弱く、儚く、繊細な母の姿を目のあたりにした。

弱々しく、か弱く、儚く繊細な女性を見ると辛くなる自分がいた。そういう人見たくなかった。

だから嫌いだった。

このカウンセリングの後、しばらく動けなかった。


logo.png




コメント(0) 

どーーーしても苦手な人。 [私事]

「そういう人がいたらね、気持ち悪いけどその人の真似するの。げーーーーー[ふらふら]って言いながら。」とりんさん。

それにも抵抗があった、出来なかった。

今まで人を苦手だなーと思ったことはあるけど、その人とお話ししていくうちに大体苦手意識は
薄らいでいった。

けど、はじめて「いやーーー無理無理!!!」と思う人がいた。

なんで苦手だか理由が分からなかった、解らないから対処が出来なかった。

生理的に無理。(すっごく失礼。私って最悪だーー!)

でも付き合っていかないといけない人だった。

たぶん相手も私の事苦手だと思っていると思う。いいや、それならそれで仕方ない。と

思って諦めていた。

女の子っぽい、か弱い、儚い、繊細で、寂しがり屋で、フワフワしていて、髪の毛が長くて、
手足が細くてすぐ怪我しそうで、守ってあげたくなる。そんな雰囲気のある女子が私は苦手だった。嫌いなその人もそんな雰囲気の人だった。

だから私は女の子っぽい服装も大っ嫌いだった。

小学生の時、母が入学式用に用意した洋服もまさにドンピシャ嫌いな服だった。

ひらひらフリル、とろみのあるブラウス。

「気持ち悪いから着ない!!」と母に伝え、当日おしゃれしているお友達の中、

一人普段着で入学写真に納まった。



「ねえ、お母さん体弱かった?」りんさんに不意打ちの質問を投げかけられて

「?????。。。。。はい、弱かったです。」と答えた。


girl1.jpg



logo.png





コメント(0) 

父親。 [私事]

父が私の友達と私を比べたことは、私を良くしようと発した言葉だったと思う。

傷つけようと言った事ではないことは解る。

けど、結構傷ついていたんだなー自分。

自分でも気づかなかった。

そして、子供にも言ってしまっていた。

「なんで、出来ないの??何回も言っているのに。」

こどもの言動が、自分の古傷をあぶり出してくれた。

子供が教えてくれたんだな、

「大将ごめんね、おかあちゃんも出来ないから出来ない大将見ていると怒っちゃうんだよ。」

「えっ!?そうだったんだ。」と、こどもはびっくりしていた。

p246.jpg




logo.png


コメント(0) 

気づき。 [私事]

「子供にイライラしちゃうよね、どんな時に?」

「こちらが急いでいる時とギャーギャー泣かれた時が特に。あと自分が疲れている時により
イライラが酷くなります。」

「その時、イライラ~ってきた後どんな言葉が出てくる?」

「もうできないよ!!!!って叫びます。」

「うん、うん。その言葉、よしえさんが小さい頃の記憶でつながる出来事ないかな?
思い出す出来事ってない?」

「あー、良く父に言われていました。なんでおまえは出来ないんだ!って。」

そうだった、私はいつも出来なかった。私の周りの友達は宿題も、お行儀も皆とても良かった。

父は家に遊びに来た友達と私を比べて、

「Mちゃんは外で元気よく遊んでいるのによしえは、家でゴロゴロしているの?」

「Sちゃんは宿題テキパキと終わらして帰ったね、まだよしえは終わらないの?」

りんさんが「小さい時、お父さんのその言葉が寂しかったよって、悲しかったよ、って
お父さんに伝えてきて。お父さんがどう言おうと思おうと良いから、ただ気持ちを言うの。」


そして父に伝えに行った。前日眠れなかった。

父にアイメッセージという方法でその気持ちを伝えた。

父は言った事も覚えていないらしく、「悪かったな~。」と言った。
わたしはホッとしたと同時に、「なんだ、大したことなかったんだ。」と思い安心した。

それから、いくつかのりんさんからの宿題をこなした。

いつのまにか、イライラする時間よりも子供と笑う時間が増えていった。


IMG_20190711_150933.jpg


logo.png










nice!(1)  コメント(0)