So-net無料ブログ作成

鍼治療にて主訴(辛い症状)が悪化。② [治療について]

膝痛が鍼治療後30分後により痛みがきつくなり、暫くしたら治療前より痛みが楽になった。

東洋医学的には通常、病は悪化すると「体表」浅い部分から「体内」深い部分に進行して行くと考えます。
よって病が良くなるということは、深い部分「体内」から「体表」に向かって浅くなって行くことです。

治療によって病が良くなってくるという事は体内から体表に向かい病が浅くなり浮いてくることです。

この浮いてくる時、深いところに隠れていた症状(ここでは痛み)が体表面に出てきて症状が
きつく出ます。

良くなる過程で通る痛みなのでご安心下さい。
しかし通院されていらっしゃる患者様、我慢できない症状がでましたらご遠慮なくすぐ
ご連絡下さい。




バラのお花。 [私事]

ご近所さんから素敵なバラを頂きました。

いつもバラのお世話を玄関先でされていたのを拝見していたので

大切に育てられたことは存じ上げておりました。

なので、頂いた喜びもひとしお。



本日、満開!お店で買ったバラより長持ちするんです。

でも生命力からしてお店で買ったものよりある気がします。



ありがとうございました!S様









360度お花が付いています。



後ろがもったいない!!!














鍼治療にて主訴(辛い症状)が悪化。① [治療について]

と、書くと誤治のことかと思われる方いらっしゃると思います。

起こしてはいけませんが誤治により悪化、なります。

しかし、症状が良くなる過程で主訴(辛い症状)が一時的に悪化することもあります。



例えば当院で風邪治療をお受けになった方はもうご存知だと思いますが、

風邪治療後に発熱し、体がだるくなり翌日スッキリ治った、と。

膝痛で来られた方が治療後30分ぐらいしてから膝の痛みがより痛くなり、

しばらくすると膝の痛みが治療前より楽になった、と。



すべての治療後に出るわけではありませんが、たまにあることです。

なぜこのような事が起こるのか?



風邪の一例を挙げると体力がなく風邪を外に追い出せない時、体力を補う事を

鍼治療にて行なうと、体と風邪が戦い始めて発熱、倦怠感すなわち風邪症状が

強く現れます。風邪を外に追い出す事ができれば、発熱と倦怠感は軽くなっていきます。



体力を補うことによって、外に風邪を追い出します。逆に一時的に辛い症状が出ますが、

治る過程に必要な症状悪化となります。戦わせないとどうなるのか?結果ぐずぐずと

風邪が長引きます。



つづく。。。。












この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。