So-net無料ブログ作成

鍼治療にて主訴(辛い症状)が悪化。② [治療について]

膝痛が鍼治療後30分後により痛みがきつくなり、暫くしたら治療前より痛みが楽になった。

東洋医学的には通常、病は悪化すると「体表」浅い部分から「体内」深い部分に進行して行くと考えます。
よって病が良くなるということは、深い部分「体内」から「体表」に向かって浅くなって行くことです。

治療によって病が良くなってくるという事は体内から体表に向かい病が浅くなり浮いてくることです。

この浮いてくる時、深いところに隠れていた症状(ここでは痛み)が体表面に出てきて症状が
きつく出ます。

良くなる過程で通る痛みなのでご安心下さい。
しかし通院されていらっしゃる患者様、我慢できない症状がでましたらご遠慮なくすぐ
ご連絡下さい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。